HOMEお問い合せ
日野市国際交流協会

各部の活動内容 ~Our Organization~

日本語教室

日本語を教えたいボランティアのための情報

日野市国際交流協会(HIFA)では、外国語を母語とする方々のために、日常生活に必要な日本語を学習する中で、日本文化、生活習慣、社会生活一般についてのいろいろな知識を身につけていただき、地域での生活に溶け込んでもらえるよう、日本語教室を開いています。教室を支えるのは、地域で暮らす日本人のボランティアです。地域の仲間として外国人の日本語学習を支援し、市民同士異文化への理解を深め合い、地域全体での草の根国際交流を図る橋渡し役となって、多文化が共生する平和な街づくりに参加してみませんか。

  • 平山季重ふれあい館
  • 日野市生活保健センター

[ Page Top ]

クラス案内

  • 平山クラス

    平山クラス
    毎週火曜日10:00~12:00
    平山季重ふれあい館 [ 地図 ]

  • 火曜日クラス

    火曜日クラス
    毎週火曜日14:00~16:00
    生活保健センター4F協会談話室 [ 地図 ]

  • 土曜日クラス

    土曜日クラス
    毎週土曜日10:00~12:00
    生活保健センター4F 協会談話室 [ 地図 ]

  • 子どもクラス

    子どもクラス
    土曜日クラスに併設。
    学齢期の児童生徒が対象です。

※都合の良いクラスを選択してください。複数クラスへの参加も可能です。
※開催日が祝日にあたる場合は休みです。市内公立学校と同じ春・夏・冬の各休みがあります。

[ Page Top ]

参加資格・研修制度

学習風景
  • 18歳以上で日本語を母語としており、国際交流、異文化理解に関心のある方であれば、原則として資格は問いません。毎週、継続して参加していただけることが原則です。
  • ただし、日本語学習支援ボランティアとして学習指導を担当するためには、一定程度の専門知識が必要です。入会時点で、必要な専門知識、経験のない方の場合は、当教室主催の入門講座(無料、2012年度より実施予定)を受講し、適当な期間アシスタントとして授業に参加しながら経験を積み、ご自身で学んでいただくことを原則としています。また、他の国際交流団体主催等の日本語教師養成講座を受講することも奨励しています(費用自己負担)。
  • すでに活動を開始されている方々のためには、ステップアップのための研修会(無料、年8~10時間程度予定)を当教室主催で定期的に実施しています。
  • 子どもクラスの場合、学習に必要な日本語の指導ということで、教科内容の指導にまで踏み込む必要があります。同クラスの担当を希望される方は、小中学校の教科課程への対応力も一定程度望まれます。

[ Page Top ]

ボランティアの募集

  • 隋時行っております。ただし、活動中のボランティア数と学習者数のバランス等によっては、暫く待機していただく場合もあります。
  • ボランティアは当協会の会員として登録することが必要です(年会費一般個人2,000円、学生1,000円)。会員にはボランティア保険(普通傷害保険)が適用されるほか、各種協会機関紙、行事等の情報が配布され、参加の場が提供されます。

[ Page Top ]

指導形態・方法

  • 1名のボランティアが、日本語レベルの近い1~2名の学習者を担当することが原則です。
  • 日本語を使って日本語を教えるという教授法(直接法)を採用しているので、英語、中国語等の媒介語(外国語)が使えなくても問題ありません。
  • 教室はボランティア自身の外国語ブラッシュアップの場ではありません。学習者が少しでも多く日本語に触れられるよう、教室内での外国語の使用は、必要最低限にとどめることを原則としています。

[ Page Top ]

使用テキスト

テキスト
  • 初級学習者の場合は、『みんなの日本語/初級Ⅰ・Ⅱ』(スリーエーネットワーク刊、各2,500円)を使用。
    このテキストは世界各地で使用されており、非常に詳しい『教え方の手引き』が用意されているほか、絵カード、音声教材、問題集等、多数の副教材が揃っているので、ボランティア初心者にもとても使いやすいものとなっています。
  • 初級テキスト修了者(中上級学習者)や入門期学習者の場合は、それぞれのニーズに合った各種テキスト、新聞等の生教材を選択し、使用しています。
  • テキストは原則ボランティア本人の自己負担で準備しますが、場合によっては教室図書の長期貸出し制度(6ヶ月)を利用することもできます。その他、関連副教材、参考図書が教室図書として準備されています。
  • 子どもクラスの場合は、日常生活に必要な日本語から、学習に必要な日本語まで、それぞれに合ったテキストを使用しています。一部、教室図書として備えてあります。
テキスト

[ Page Top ]

報酬と個人負担

  • 日本語学習支援ボランティア活動に対する報酬はありません。
  • 使用テキスト代(前項参照)、教室までの交通費等は自己負担となります

[ Page Top ]

入会申込・見学方法

事務局連絡先
hifa-office@ab.auone-net.jp / 042-586-9511

  • 学習支援ボランティア活動への参加を希望する方は、協会事務局に電話やメールで申込み、指定の日時に来室し、教室担当者の面談を受け、入会に必要な手続きをしてください。
  • 入会する前に各クラスの見学を希望する方は、協会事務局に電話やメールで申し込み、予約をしてからお越しください。

[ Page Top ]

その他

国際交流フェスティバル
  • 当協会には日本語教室以外に交流部、協力部、広報部、外国語自主講座等の組織があり、国際交流フェスティバルの開催等、幅広い活動を行っております。会員はこれらの活動に参加し、国際交流を楽しむことができます。
  • また、協会全体の運営、日本語教室全体の運営に関連するさまざまな仕事があり、それらもまたボランティアの活動によって支えられております。学習支援ボランティアも教室活動の枠内にとどまらず、それらの活動への積極的な参加協力が期待されています。
  • 日本語学習支援ボランティアと学習者は、教える側、教わる側の関係に固定されぬよう、同じ地域に暮らす市民同士としてのつながりを築いていけるよう意識し、工夫することが大切です。

[ Page Top ]

©2012 日野市国際交流協会.All Rights Reserved.